本・コミックを売るなら宅配買取がお得で便利

本を売るときには、ネットの宅配買取が便利です。

最近は、ネット上で営業している古本屋も増えてきています。
そのため、お店に持っていかなくても本を売ることができるようになりました。

お店に売るよりもネット買取のほうがおすすめです。


本の買取金額が高くなることが多い理由

ネット買取の方が本を高く買い取ってくれる理由です。


ネット営業のための家賃・高熱費・人件費が安くて買取金額に還元してくれる

ネット買取店では、家賃・高熱費・人件費が安くつくので、その分を買取金額にまわせます。

店舗営業の場合、立地のよい場所にお店を構える必要があります。
そして、買い取った本をたくさん陳列する必要があるため、広いスペースも必要になるため家賃が高くつきます。
ネット営業の場合、自宅兼事務所で営業しているお店も多いため家賃が節約できます。

また、店舗をもって営業を行うと、店員さんを常時雇わなければいけません。
ネット営業の場合は、買取や注文が入ったときだけ働けばよいので人件費が安くなります。


買取時の査定は専門家が買取金額を正確に査定

本は種類も多いですし査定でチェックするポイントも多いので、査定には多くの知識が必要です。

一方、店舗営業では、アルバイト店員が査定を行うことが多いです。
アルバイト店員は商品の知識があまりないため、お店のマニュアルで一律で買取価格が決まってしまいます。
その場合、人気のある本・限定品・希少品の本も一緒に安く買い叩かれてしまいます。

特に、古本買取で高く売れる本は、査定の仕方で、買取価格が全然変わります。
価値がわからない人が査定した場合には、悲惨なことになります。

ネット買取店では、少数精鋭の査定のプロが鑑定してくれます。
そのため、価値の高い専門書や入手困難なレアな書籍でもきちんとした値段をつけてくれます。

ネット上には古本屋がたくさんあって競争が激しい

ネット古本屋は元手が少なくとも始められるビジネスなのでたくさんのお店があります。
そのためとても競争が激しいので、買取金額を高くしないとユーザーが獲得できません。

買取業者にとっては厳しいですが利用者にとってはありがたいですね。


事前にどれだけの金額になるかわかるので安心な理由

ネット買取店では、ITシステムがしっかりしているお店が多いです。
本のタイトルやバーコード番号で買取金額が事前にわかるお店がたくさんあります。

売り手は、事前に買取価格が確認できて安心だし、お店を比較して選ぶことができるので、とても良いことです。

一方で、店頭営業の場合、高価買取商品しか価格公開していません。
本の種類は膨大なために、すべての書籍の値段を張り出すわけにも行かないのでしょう。
売る側としてはお店まで行って査定してもらわないと値段がわからないためとても不安です。


家にいるだけで引き取りに来てくれるので重たい本を持って移動しなくてよい

宅配買取は、家にいるだけで商品を受け取りに来てくれます。

ネット買取は、家から一歩も出ずに申し込みできるので、手間や時間の面でもおすすめです。
特に一度にたくさんの本を売りたいときには、もって行くだけでも一苦労です。
宅配業者が取りに来てくれるのはとてもありがたいですね。


古本をネット上宅配買取で売るメリットのまとめ!


関連記事


買取商品ジャンル

ジャンルごとの買取相場の解説



CD買取

  • J-POP
  • ジャニーズ
  • アイドル
  • 洋楽
  • クラシック/ジャズ
  • 演歌
  • サントラ
  • ドラマサウンドトラック
  • アニメサウンドトラック
  • ゲームサウンドトラック
  • ボーカロイド(VOCALOID)
  • 英会話教材

DVD買取

  • 邦画
  • 洋画
  • TVドラマ
  • ドキュメンタリー
  • お笑い・バラエティ
  • ライブ映像
  • アニメ
  • ジブリシリーズ
  • ディズニーシリーズ
  • ダイエットビデオ
  • アイドル/イメージビデオ
  • アダルトビデオ


買取業者レビュー